委員長所信

 総務委員会  次世代人財委員会  地域創生委員会          


総務委員会事業計画


 委員長  本田祐介
副委員長  平井敏哉
副委員長  二木春樹

小松青年会議所は明るい豊かな社会の実現に向けて運動を行う組織であります。しかし、近年は在籍年数の浅い会員の割合が増加しており、率先してJC活動に参加するメンバー数の低下が見られます。これらは目的意識やメンバーシップの希薄化を意味していると言えます。そのような中でJCの活動を活性化させるには、JC活動の目的を明確にする意識を強く持ち、メンバー間の友情や価値観を共有し、地域の先導者として、より会員の意識の向上に努めていく必要があります。

 本年度、総務委員会は「参加、そして成長」をテーマに運営して参ります。定例会は、メンバーが一同に集い、理事長の想いを拝聴するJC活動の基盤となる場です。例会内では、各委員会活動の内容や出向しているメンバーの活動を共有、メンバー間の絆を深める場を設営することで、メンバーの積極的な参加へと繋げます。総会は、運営に関する重要な事項をメンバー全員で決議する場とし、厳粛な設営を行います。新年互礼会は、先輩諸兄が連綿と築き上げてきた規律を重んじ、本年度の決意表明を行う場として設えます。その上で、メンバー一人ひとりが能動的にご来賓の方々との交流を図る場となるよう努めます。会員資質向上事業では、言葉の大切さに重きを置き活動されている外部講師を招き、地域の先導者にとって必要な伝える力について学ぶ場を設えます。的確に伝える力を備えることにより、地域の魅力発信やビジネスにおける個の成長に繋げます。スピーチ能力向上事業では、自らの想いをまとめ、そして伝える資質の向上に努め、聞き手が引き込まれるスピーチとなるよう自己成長の機会を創出します。

 当委員会は本年度のスローガン「念ずれば花開く~郷土愛を持ち、先導者としてのプライドを胸に~」を肝に銘じ活動します。JAYCEEとしてまず事業に参加することこそが学びや気づきを得る最短距離であり、そこで目的意識を強く持ち、共助の心が芽生え、メンバーシップを育むことが個の成長に必ず繋がると確信します。そして郷土愛を持つ誇り高き先導者となり、地域の発展に寄与します。皆様方の温かいご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。

 
 
〈事業内容〉
1.定例会(通年)
2.総会(1月、7月、12月)
3.新年互礼会(1月)
4.会員資質向上事業(アカデミー)(3月)
5.スピーチ能力向上事業(5月、10月) 
 
TOPへ

  
次世代人財委員会事業計画
 

委員長    林端端昭広
副委員長   川端康之
副委員長   山本哲男


 

青年に発展と成長をもたらす使命を掲げ、明るい豊かな社会の実現を目指す小松青年会議所は、現在会員数の減少によってその力を維持することが難しくなってきています。この問題を解決すべく、新会員を多く迎え入れるだけでなく、メンバー全員が発展・成長できる機会を創り、未来に向けて能動的に行動することが大切です。そして地域の先導者を育むことのできる事業を行うことで、地域住民と共にこの地域に新たな風を巻き起こし、明るい豊かな社会へ発展していくと確信します。

そこで次世代人財委員会では、会員倍増計画を掲げ全力で会員拡大に取り組みます。まずはメンバー全員から候補者のリストを頂き、推薦者と当委員会からメンバー1人を選定し「マンツーマン訪問」を実施していきます。常にアンテナを張り、拡大運動を年間通して継続していきます。会員拡大を全メンバーで行動することにより、組織全体としてメンバーシップを築きあげ、拡大への高い意識をもって頂きます。同様に2月定例会では、拡大に対してのセミナーを開催することにより、全メンバーに向けて会員拡大の必要性を自覚してもらいます。入会式においては、新入会員を歓迎する設えを行い、JCに早く溶けこめる場を作ります。定例会アワーにおいては、全メンバーにとって発展・成長となる場とすべく、「意識改革」をテーマとした講演会を開催します。そして青少年育成事業においては、スポーツを通じ子どもたちが夢や希望を抱き、勝っても負けても相手を思いやる大きな心と強い精神力を身につけてもらいます。また、新たな出会いや発見、さらには日常の何気ない生活では感じることのできない貴重な体験を通し、人とのコミュニケーションの大切さや相手を思いやる心、そして感謝の心を学んで頂きます。

「念ずれば花開く〜郷土愛を持ち、先導者としてのプライドを胸に〜」を礎とし、委員会メンバー一丸となりコミュニケーション能力を武器に、メンバー同士のみならず地域と青年会議所の架け橋となり、地域の先導者の創出に邁進して参ります。皆様方の温かいご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

 
 <実施事業>
1.会員拡大事業(通年)
2.会員拡大強化(2月)
3.入会式(4月,9月,11月)
4.青少年育成事業(7月)
5.定例会アワー共益(10月)

 

TOPへ

  

地域創生委員会事業計画

委員長 福中 達也
副委員長 道券 悠一
副委員長 畑嶋 宏昌

 

我々の住むこまつは、木場潟等の豊かな自然資源を有し、数多の人々の繋がりの中で、開湯1300年を迎える粟津温泉に代表される温泉文化、九谷焼や歌舞伎を代表とする誇るべき伝統文化が育まれてきました。しかし、通信網の発達に伴い人と人との繋がり方も年々変化してきました。遠くの人やコミュニティとの繋がりが容易になった半面、自分の住むまちへの意識が希薄になっているのではないでしょうか。そこで、いま一度自分の住むまちに目を向け、古き良き伝統や文化に裏付けられた地域の魅力を再認識しつつ、時代に即した新しい変化を取り入れ、さらに後世に伝承できる人財を増やし、地域コミュニティ間の連携による新しい価値を創造する事が「明るい豊かなこまつ」の創生に必要です。

まず、創発こまつ事業では、観光資源としての魅力だけでなく、古くから地域に根付き地域コミュニティの核としての性質も持った温泉や銭湯を活用し、来訪者だけでなく地域住民、地域で活動する他団体や行政を巻き込み各コミュニティ間の連携を促進します。来訪者や移住者へ地域の魅力を発信するとともに、地域住民にはその魅力を再認識し、住民間で共有し、それを外へ発信できる人財・コミュニティを創る機会とします。定例会アワーにおいては、地域を代表する伝統文化に焦点を当て、その歴史を学び体験する事で、初めて触れる人にはきっかけを、見識のある人にはより理解を深める為の体験型の事業を行います。環境パートナーシップ事業では、未来を担う世代が先人たちの紡いでくれた豊かな自然をさらに未来へと繋げていけるよう、こまつの自然環境について考え、改めて魅力に気付く機会を提供し、環境保全を啓発する事業を行います。航空祭事業においては、来訪者に対してこまつの魅力をPRすると共に、地域住民にはこまつが基地と共生する事の有用性を実感してもらう機会となる事業を行います。

地域創生委員会では、各事業での体験を通じて、こまつの地域住民一人ひとりが地域の魅力を語れる人財となり、人々が繋がる事で、より大きな力でその魅力を発信できる地域コミュニティの創生を目指します。まずは、我々が郷土愛と先導者としてのプライドを胸にメンバー一丸となって事業に取り組んで参ります。

 

<事業内容>

1.定例会アワー(公益) (4月)

2.環境パートナーシップ事業 (6月)

3.創発こまつ事業 (8月)

4.航空祭 (9月) 

TOPへ