青年会議所とは


    JC3信条「修練」「奉仕」「友情」を基本に、「明るい豊かな社会の実現」を目指しています。


いつから?

小松青年会議所(小松JC)は、「修練」「奉仕」「友情」を活動の基本として、地域に暮らす人々や子どもたちのために活動している団体です。1949年に、「明るい豊かな社会の実現」を理想として東京青年商工会議所(現東京青年会議所)が設立され、1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設立されました。以来、日本の各地でJC運動が展開されています。こまつの地では1958年に会員33名で小松青年会議所がスタートしました。3つの信条のもと、よりよい社会づくりを目指し、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。

だれでも?

人種、国籍、性別、職業の区別なく、20歳から40歳までの品格ある青年であれば、自由な個人の意志で入会できます。青年会議所に年齢制限が設けられている理由は、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られ、これを単年度制と呼んでいます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていきます。
青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界に人材を輩出し、日本のリーダーとして活躍しています。

自分をみがく

青年会議所において運動、組織、活動へ参加するにあたり、紳士的に品格ある青年としての行動を身につけることは、地域とつながる人間としての必須の条件です。小松JCでは、会員一人ひとりが委員会に所属し、毎年それぞれのフィールドで様々な事業に取り組みます。その中で様々な課題を克服し、人間力を高めています。また、年間で様々なセミナーに参加する機会が得られ、経済人としての資質向上にも努めています。

まちづくりのために

地域でビジネスに取り組む人にとっては、地域の発展性はビジネスに関わる大きな要素でもあります。小松JCは、会員自身の地域への想いを大切にし、市民や行政の共感を得ながら、地域の特性を活かした運動を進めています。その過程で、地域の魅力を再発見し、伝統、環境美化、おもてなしなど、小松の活性化について熱く考え、取り組んでいます。
JC運動の主体は常に「地域」です。全国のメンバーが、自らが暮らすそれぞれの地域から、国を考え、世界を見つめています。そのために都市ごと、あるいは市町村が集まった形で組織され、すべての会員は各地青年会議所LOM(Local Organization Member)に所属しています。ぜひ積極的に活動にご参加いただき、地域を盛り上げましょう。

子どもたちのために

小松JCでは、地域の未来を担う子どもたちの健全な育成のために、想いを込めた青少年育成事業を毎年展開しています。
•「わんぱく相撲こまつ場所」では、毎年小学生を対象として、県大会、全国大会へとつながる相撲大会を運営し、相撲を通じた子どもたちの育成に取り組んでいます。
•2015年は、元陸上選手の為末大さんを招き、陸上教室と講演会を開催し、夢を持つことの大切さを子どもたちに伝えました。

仲間との絆を深める

小松JCには、同じ地域に住み暮らす多くの仲間が在籍しています。地域のための事業の推進等、真剣に取り組んでいく過程で仲間との絆を深め、豊かな人間関係が育めます。また、小松JCは、国内外各地に広がる青年会議所のネットワークとつながっています。日本JC等、県内外の他の会議所メンバーと共に活動する外部出向に挑戦すれば、さらなる出会いや経験が得られ、自己成長を遂げる機会に恵まれています。

世界を舞台として

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材を育成することを目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、アメリカ国内で発展を遂げ、社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。1944年には8カ国(アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ)により国際青年会議所(JCI)が発足しました。以来加盟国が増え、現在は会員数16万人以上、250万人以上のOB、OGがいます。小松青年会議所のメンバーもJCIメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として様々な活動を展開する可能性を持っています。毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。
 

 

  •